アユサ高校留学
0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

日本のホストファミリー募集

2017年度アユサ奨学金生 成嶋萌さん
「毎日が目まぐるしい!」

アメリカに到着して約2週間が経ちました。また、学校が始まって一週間が過ぎました。毎日が目まぐるしいです。今回は私が派遣された地域についてと、学校、ホストファミリーへの日本のお土産について紹介したいと思います。

まず、私が住む地域について簡単に紹介します。私は、アメリカ空軍基地の居住地区に住んでいます。かつて戦争で使われた戦闘機が展示されていたり、大通りには国旗が道沿いに掲げられていたり、街中には軍服を着た軍人さんがたくさん歩いていたりなど、見るもの全てに興味がわき、知れば知るほど面白い地域です。そして、朝の6:30と夜の17:30にアメリカの国歌が流れます。

次に、私が通う学校についてです。私が通う学校の子供達の保護者は皆、軍事関係に勤めています。何より、驚いたことは転校生の多さです。中学校と高校合わせて、50人ほどいます。どこから来たのかと聞いてみると、アメリカ国内の基地から、ドイツのアメリカ軍基地から、沖縄のアメリカ基地からなど様々です。また、生徒のほとんどは転校を経験しています。ところで、私が学んでいる教科について紹介したいと思います。私は8つの教科を選択しました。体育、物理、アメリカ史、数学2、スピーチ、animation、美術、English3です。授業の内容は難しいわけではないのに、英語力で苦しむのがとても辛いですが諦めずに日々頑張っていこうと思います。

最後にホストファミリーへの日本のお土産についてです。私が持っていたお土産をホストファミリーはとても喜んでくれました。その中でも特に好評だったものを紹介します。ホストファミリーのラストネームを漢字に当てた判子はとても喜んでくれました。そして、扇子はいつも持ち歩いてくれるほど気に入ってくれました。それから、お寿司の食品サンプルストラップも本当に喜んでくれました。学校の友達には、おもしろ消しゴム、抹茶のキットカットを通じて日本のことを紹介することができました。

今回はそれぞれ簡単にしか紹介することができなかったのですが、まだまだ紹介したいことはたくさんあるのでどんどん紹介できればと思います。

登録の手順 よくあるご質問 ホストファミリー登録