アユサ高校留学
0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

日本のホストファミリー募集

2017年度アユサ奨学金生 成嶋萌さん
派遣先 テキサス州

12月はたくさんの新しい経験をしました。 
まず初めに、私は歴史博物館で日本について紹介をしました。ここには私以外にも他国からの留学生も参加していたので、たくさんの国の文化や言語を学べました。また、人それぞれ多種多様なプレゼンテーションをしていて、自分に足りないものを他の人から学ぶことができました。

次にTalent Showについてご紹介します。私の学校のTalent Showというイベントでは、歌やダンス、楽器演奏など様々な才能を持った生徒たちが出場しました。そんな中私は、書道パフォーマンスをしました。ソーラン節を踊りながら、私の学校の象徴である鷲を英語と漢字で大きな白い紙に書きました。観客席に手拍子を求めた際に、観客者が一体となって手拍子をしてくださった時と、退場する際に友人が”Moe!!!! Bravo!!!!”と声援をかけてくれた時の感動は今でも忘れません。また、私の作品は学校の廊下に飾られています。

第三に、アメリカのクリスマスについてお話しします。アメリカのクリスマスを日本の行事で表すなら、お正月のようなものだと思います。親戚の家を訪れ、お互いの近況を話し合い、豪華な食事を食べ、子供達にクリスマスプレゼントを渡し、テレビを見てゆっくりして過ごすものです。日本ではクリスマスケーキとフライドチキン等を食べる風習がありますが、アメリカではハムやターキー、マッシュポテトやグリーンビーンズなどThanksgiving の料理に似た食べ物を食べます。また、イルミネーションやクリスマスの装飾を飾る家が日本に比べてはるかに多いことにも驚きました。それから、12月はクリスマスの月と言っていいほど見渡す限りクリスマス一色でした。クリスマスプレゼントに関する広告、テレビではクリスマス映画、ラジオではクリスマスソングで忙しい様子でした。

第四に、elf Christmas presentに参加しました。これは、子供達にクリスマスプレゼントを買ってあげられない貧しい家庭にクリスマスプレゼントを渡すという活動でした。私はこの活動でプレゼントのラッピングと配達をしました。配達ではサンタクロースとエルフ(サンタクロースのお手伝いをする妖精)の格好をして家を訪れ、子供達にプレゼントを手渡ししました。子供達の無邪気な笑顔を見た際には達成感を味わいました。ボランティア活動を経験していく中で、自分の知らなかった世界を自分の目で見て、体験し学ぶことが出来る喜びを感じています。
ところで、今月私の住む都市で約30年ぶりの雪が降りました。私の友人の中ではこれが初めて見る雪だったそうで言葉にならない感動を覚えたそうです。

登録の手順 よくあるご質問 ホストファミリー登録