アユサ高校留学
0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

日本のホストファミリー募集

萩野佑磨君 派遣先:アーカンソー州

<寒波!>
1月に全米で歴史的な寒波が発生し(−16℃)、2月に入っても晴れ、雨、曇り、寒い日、雨などと安定しない季節を過ごし、3月に入った今でもまだまだ春とは呼べないような陽気ですが、それでもようやく暖かい日が増えてきたな、という感じがします。私は一度、小学校の頃に中学受験を経験していることもあり、どうしても2月(如月/衣更着)というのは文字通り寒さを凌ぐために着物を重ねて着る、つまり受験合格のために耐え忍ぶ季節という見解があります。しかし、アメリカでの2月は、特にこれといったイベントは国単位でも地域単位でも無いようでした。しかし、だからこそ出来ることもあったので2月分留学生活を振り返っていこうと思います。

<ホットスプリングスへホストファミリーと旅行>
序文に何もない季節ということを書きましたが、1回だけホストファミリーと共にホットスプリングズという町に行きました。アメリカでも有名な温泉街であり、かつての米国大統領、Bill Clintonを輩出し60年代から70年代にかけて栄えた町だったようですが、今では当時の面影を残しつつも、少し寂れてしまったような印象を受ける町でした。また本当に山の真ん中にある町だったので少し車に乗っただけで酔ってしまいそうな気がしました。

<英語の本を読破!>
2月は勉強、特に読書に力を入れて過ごしてみたのですが、結果、Jeorge Orwell の1984という本を読破することができました。理性が統制する社会を楽観的に描いた社会をユートピアと呼ぶならばその逆、批判的に描いた社会をディストピアと呼ぶ、という少し難しい内容でしたが、1984はディストピアの代表的な作品なので興味がある人は読んでみることをお勧めします。また、英語の原本を読むということは非常に手間がかかりますが、英語の能力を応用するという意味では非常に効果のあるやり方だと感じたので、簡単なものから、1日3ページなどというようにトライしてみてください。英語の長編文章読解の大切さがわかるようになると思います。2月は大きなイベントはないものの、読書に励んだり、大学の音楽のコンサートに行ったりなど、個人的には意義のある月だったと思います。いよいよ春が始まります。プロ野球やMLBのキャンプはもう始まっています。留学生活もそろそろ終盤に差し掛かる頃ですが、今まで通り少しずつ色々な能力を伸ばしていけたらなと思っています。拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

登録の手順 よくあるご質問 ホストファミリー登録