アユサ高校留学
0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

日本のホストファミリー募集

留学生活はけして楽しいことばかりでないけれど、色んなことを乗り越えて頑張った派遣生だからこそ、これから留学を目指す人達に伝えたいことがあります。
帰国直後のアユサ奨学金生魚島さんからのメッセージ、ぜひ読んで下さい!

「長いようで短かった10か月のアメリカ留学が終わり、先日無事に日本に帰国しました。私の人生の中でとても密度が高かったこの10か月を最後の奨学生レポートにまとめます。これから留学に行く後輩、留学を考えている人の参考になれば良いと思います。

 留学を終えた今の感想を正直に言えば、楽しいことばかりではなく、むしろ大変なことが多かったと思っています。しかし、同時に思い切って行って良かったとも思っています。留学前に兄や父(留学経験者です)から大変なことも多いと聞いていましたが、私の勝手な留学のイメージでは楽しくなりそうだと気楽に考えていました。最低限の英語しか勉強しませんでしたし、心構えも足りませんでした。しかし、今思えば、自分が生まれ育った国ではない所で、知り合いもおらず言葉も自由に話せなければ、楽しいばかりなどという事ありませんよね。帰国がせまる頃には離れるのが寂しいと思える友達もできて楽しくなりましたが、留学前にもっと英語を話せるようにしておけば良かったと心から思っています。後輩にはできるだけ後悔しないように、準備をしておいてほしいと思います。

 食事に関して、私は日本食がかなり恋しくなりましたが、おそらくホストファミリーによっても違うと思いますし、どうしても必要なら日本から送ってもらう事もできますので心配はありません。また、日々の生活に関しては、いかに親切なホストファミリーでも本当の家族ではないので、息苦しく感じたり、気を使わなければいけなかったりすることはあるかと思います。それが普通ですから、うまくいかないからといってすぐにホストチェンジを考えてはいけないと思います。でも自分でよく考えてどうしてもおかしいと思ったら、早めに誰かに相談することも大切です。というのは、私の最初のホストファミリーがかなり特殊な人たちで、一緒に生活しているうちに色々とおかしいと気付いたのです。他の留学生はうまくやっているのに私がいけないからなのかと、とても悩み精神的に辛かったのですが、色々な人に相談した結果ホストチェンジをお願いすることになりました。結果として、とても大変でしたが、諦めないで最後まで自分で頑張ることで、英語力もかなり身につきましたし、良い経験ができたと思います。最終的に出会ったホストファミリーは私にとってアメリカで得た一番大切な人たちです。ホストファミリーのことに限らず、似たようなことは色々な場面で起こり得ると思います。自分の力で何とか乗り切るという経験は、甘えが許されない留学という場でこそできるので、大事な高校生の1年間、前向きに頑張って今後の自信につなげることができるという意味でとても価値があると思っています。

 学校生活ですが、日本の高校とは違います。周りに友達がいつもいるなどという事はありません。個人での行動が基本ですから、日本の高校での人間関係を考えていると孤立しているような気がするかもしれませんが、そうではありません。それでは楽しくないのでは?と思うかもしれませんが、楽しいです!部活でできた友達とごはん食べに行ったり、友達の運転する車で音楽を爆音で流したり、クラスで気の合う人たちと話したりと、本当に楽しいので安心してください!私が行った町はかなり田舎で、学校の友達同士が皆幼なじみといった雰囲気でしたので、いつまでもアウェイ感が消えないと悩んだこともありました。しかし、帰国時には連絡ずっととろうと言ってくれた人も、最後に私のためにお別れパーティ開いてくれた人たちもいたので、今では心配することはなかったと思っています。英語での授業も最初は不安ですが、指示されたことをしっかりやれば時間と共に慣れてきますので心配ありません。

 私は本当に留学して良かったと思っています。今ではとても楽しかったと思えますし、視野もかなり広がりました。何よりも自分にとって意外だったのは、日本に対する認識が変わったことです。日本人がほとんどいない地域で暮らして、初めて自分が日本人であることと、日本の良さを認識しました。是非皆さんにも留学に行って欲しいと思います。最後に、私にこのような経験をさせてくれた両親、応援してくれた友達、サポートをしていただいたアユサの方々にこころから感謝します。どうも有難うございました。」

登録の手順 よくあるご質問 ホストファミリー登録